2004年08月30日

◆アゲハチョウ幼虫(2)

アゲハチョウ幼虫@5齢 [大きい画像はこちら]

 「此は常世の神なり 此の神に祭らば 富と寿とを致さむ」
/日本書紀



 先週アゲハの幼虫を見つけたミカンの木を見に行ったところ、既に脱皮して緑色の5齢幼虫になった奴等が!さすがに8月27日の写真とは別個体でしょうが。5齢の次はいよいよ蛹、羽化となるんですが、この個体は今の時期に5齢なので何とか今年中に成虫になれそうな感じ。

 因みに冒頭に引用したのは、虫を"常世の神"と崇める当時のカルト宗教に関する記述です。この虫を奉ることによって富と長寿が手に入るそうな。
 で、この"常世の神"の正体ですが、以下のように説明されています。

此の虫は 常に橘樹に生り 或ひは曼椒に生る。其の長さ四寸余にして 其の大きさ親指許なり。其の色緑にして 有黒点なり。其の貌全ら養蚕に似れり。

 ミカンや山椒に付く、緑色に黒点のある、人の親指大の蚕に似た虫・・とくれば、正体はもうお判りですね?

◆カテゴリ:きょうの一枚・2004年

2004年08月27日

◆アゲハチョウ幼虫(1)

アゲハチョウ幼虫@臭角出し [大きい画像はこちら]

 仕事先のすぐそばにミカンの木があったので、アゲハの幼虫でも居ないかと観察してみたところ案の定何匹も。観察してる側から親アゲハが2匹、卵産みに来てるし。

 私の実家にもミカンの木があり、アゲハの幼虫を小学生の頃に飼った事があるのですが、彼等の食欲は凄いものがあります。下手すりゃ近いうち、この木も丸坊主かも・・・
 もっとも、街中といえど肉食昆虫や寄生蜂、鳥といった天敵が存在しますから、無事育つ確率は思ったより低いんでしょうけど。

 写真の子は2齢位でしょうか?
 まだ小さいのに、いっちょまえにオレンジ色の臭角出して威嚇してます。

◆カテゴリ:きょうの一枚・2004年

2004年08月24日

◆アシダカグモ(♀)

アシダカグモ [大きい画像はこちら]

 うちのアパートの外壁に居ました。お顔のアップ狙い。毛並み良いです。

 普通、民家に現れるのはアシダカグモなんですが、うちは建物のすぐ脇が林なので、そこに住んでるコアシダカグモ(見た目はそっくりだけどアシダカより小柄)が室内に入り込んでくる事があります。アシダカよりは小さいですが、それでも足を広げると数センチ。結構デカいです。

 クモ嫌いには『悪夢』以外の何者でもない生き物だと思いますが、一部の人には非常に好かれています。なぜなら見た目のインパクトの割に臆病で大人しく、基本的に人間に危害を加えない生き物だから。そして彼女等は何よりも圧倒的な機動力を持つ優秀なゴキブリハンターなのです。自走式ゴキブリ捕獲器、一家に1頭、如何ですか?(笑)
 見た目に抵抗なければ、非常に頼もしい同居人だと思うのですが・・・

※9月23日追記:
 コアシにしては色も大きさも違う気がしたのが気に係って調べ直したところ、写真の個体はアシダカグモの可能性が高いと思われ、記事を訂正しました。ハズカシイ・・・
 外に居たのでコアシだろうと言う思い込みが敗因です。確かに、うちの玄関に出るコアシはもっと茶色っぽいし。

◆カテゴリ:きょうの一枚・2004年

2004年08月23日

◆鎌倉ハム大安売り

鎌倉ハム@切落し [大きい画像はこちら]

 乱歩読者にしか分からないネタですんません。

 仕事先最寄の駅ビルに鎌倉ハムが新たにテナントとして入りました。
 試食させていただいたハムが美味しかったので、奮発して(でも一番安いのを)1パック求めました。
 貰ったレシートを見ると・・・


 鎌倉ハム。しかも切落し。




 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル…

◆カテゴリ:きょうの一枚・2004年

2004年08月22日

◆乱歩先生のお宅拝見

平井家表札 7月13日の日記で取り上げた江戸川乱歩がらみのイベントですが、見てきましたよ『幻影城』。

◆旧江戸川乱歩邸公開記念サイト


 先ずは『江戸川乱歩と大衆の20世紀展』の見学から・・・

 油断してのんびり昼頃到着したら、いきなり入口で行列出来てました。続きを読む

◆カテゴリ:本とか映画とか

◆ミンミンゼミ

ミンミンゼミ@江戸川乱歩邸 [大きい画像はこちら]

 こちら、江戸川乱歩邸の庭木に居たミンミンゼミさんです。
 手の届く距離でじーーーっとしてたので、例によって単眼アップ狙ってみました。

 他の見物客が土蔵にカメラを向けている時、私だけが別の方を向いてこのセミ写真を撮っていた訳ですが、再度入ることができるかどうか分からない場所へ行ってまで、なに虫にカメラ向けてるんだ自分は。
 いやいやこのセミも、その鳴き声で乱歩先生のお仕事の邪魔をしていた由緒正しいセミの子孫かもしれないし。

※9月5日追記:
 名前修正。間違ってるの気付いたら、誰か指摘シテクダサイヨ・・・

◆カテゴリ:きょうの一枚・2004年

2004年08月21日

◆9.11とワタシ

 『911』で思い出した事を書いておきます。
 そう、あれは2001年のこと・・・

 フリーのドッターである俺らは当時、某業務用格ゲーのキャラドット打ちを請け負ってました。
続きを読む

◆カテゴリ:仕事のはなし

◆『華氏911』を観た




華氏 911 コレクターズ・エディション

DVD2004/11/12

価格 3990円(税込み)



 『華氏911』観て参りました。

 この映画に関するMITのヒゲ熊・クルーグマンのコラム和訳を載せているサイトがあるので、とりあえずリンク。私の読んだ中では、この映画に関する一番冷静で的確な批評だと思うので。

 クルやんは9.11以前・・・ブッシュ就任当時から経済政策を中心にブッシュ政権のデタラメ振りを一貫して批判しとります。

◆Akino's Bi-Bo6(2004/7/4の項)
 


続きを読む

◆カテゴリ:本とか映画とか

2004年08月15日

◆「犬ぢゃ!犬ぢゃ!」

 6月18日の日記でも取り上げた丸尾末広原作『少女椿』の劇場上映が決定した模様。

◆東京国際ファンタスティック映画祭2004(公式サイト)

 開催日程: 2004年10月14日(木)〜17日(日)
 会場  : 新宿・ミラノ座
 

続きを読む

◆カテゴリ:本とか映画とか

2004年08月13日

◆キアシナガバチ

キアシナガバチ@お団子コネコネ [大きい画像はこちら]

 朝、藪の中で発見。よく見ると肉団子コネコネの最中でした。食べ盛りの妹達の為に朝から大忙しの様です。大喰らいの家族を持つと、お互い苦労しますなぁ。

 周囲の畑はイモムシ狩り放題、巣の冷却用の水源もそこらにあるうちの周囲は彼女等にとって非常に良い住環境の様で、昨年は私の住むアパートの軒下に2つも巣が出来た(残念ながら今年はなし)のでヒマな時には側まで寄って観察してました。アシナガバチの中でも気が荒いと言われるキアシナガバチですが、たまたま巣に近付きすぎても威嚇された位で刺される事はありませんでした(※よいこはまねをしないように)。人間に構うほど暇じゃないんだろうけど。

◆カテゴリ:きょうの一枚・2004年

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。