2006年02月26日

◆株主優待品@キユーピー2006

株主優待品@キユーピー2006 今年も届きました、キユーピーの自社商品詰め合わせ。
 ※昨年(2005年)の優待品はこちら

 キユーピーディフェ以外の3製品は、今月発売の新製品だそうな。

 "ディフェ"の売りは、普通のマヨネーズより低いカロリーと、コレステロールを下げる機能(あ、トクホ取ってるのね)との事。ウチにはBMIが25を超えたマヨ好き人間が居りますので、早速臨床実験食卓で活用したいと思います。

 私自身は、ルビー色が目を惹くピーチメルバジャムを食べるのが楽しみ。ホント、綺麗な色してる。明日、ヨーグルトでも買って帰るかな?

 キユーピーさん、毎年ありがとね。株はホールドし続ける予定なので来年も宜しく!


◆キユーピー ホームページ

◆Yahoo!ファイナンス-2809.t

◆カテゴリ:投資

2006年02月25日

◆終わりの始まり・・・?

 ※病院のデスマーチの続き。


 ま、そんな訳で昨年末以来、情報収集の為、医療系のBlog、掲示板を俺らの巡回コースに加えてました。それらがここんとこ、蜂の巣を突いたような騒ぎになってます。切欠は↓の事件。

◆帝王切開で出血死、福島県立病院の医師逮捕

◆癒着胎盤での帝王切開は未経験…逮捕の産婦人科医


 福島の県立病院で帝王切開手術中に患者さんが亡くなられた件で、担当だった医師が業務上過失致死と医師法違反容疑で逮捕されたんです。子宮に癒着した胎盤を剥がしたところ大出血が起きたのが死因だそうです。
 まずは亡くなった方の御冥福をお祈りいたします。

 この事件に関し、同業者である産婦人科の医師が、自らも事件の当事者となりえる立場として記事をUPされてますので、リンクを貼っておきます。

◆ある産婦人科医のひとりごと/癒着胎盤で母体死亡となった事例
※Blogトップ

続きを読む

◆カテゴリ:メディカルな話題

2006年02月21日

◆病院のデスマーチ

 昨年末に入院した際(※『入院雑感』参照)公立病院のくたびれ具合に驚いた。あと支払った医療費の安さなんかも。
 それで退院後「俺らの知らない世界が!身近に!!」と、ネットで情報を漁ったんですが、見えてきたのは現代日本の医療環境が、今にも崩れそうな状態にあるという事実。

 「自分がお世話になった先生達が、今、こんな境遇に?!」って考えると思わず泣けてきました。マジで。

 具体的には↓みたいなこと。


◆日本の医療費は、先進国でもダントツの安さ
◆質も高い
◆安さと質の両立の秘密は、国民皆保険制度
◆今でも十分安いのだが、政府は日本の医療費を更に安く抑えたいと考えている

続きを読む

◆カテゴリ:メディカルな話題

2006年02月09日

◆ドバト(カワラバト)

ドバト(カワラバト) [大きい画像はこちら]

 今日は久々に暖かかったです。

 仕事先の最寄駅はドバトが多いです。ま、此処に限った話ではありませんが。
 いつの間にか市が、付近に「餌をやらないでください」というポスターを貼った様ですが、その後もハトの数が減ってきているとは思えません。我が物顔で歩き回ってます。
 駅ビルにあるカフェなどは、時折、自動ドアの隙を突いて店内まで侵入されてます。目当ては、お客さんのこぼすパン屑の様です。

 写真は、そんな駅前で堂々と日向ぼっこ中のハト。
 朝で、人通りも結構あるのに、特等席を陣取ったまま動こうとしませんでした。私が目の前まで迫って写真を撮ろうが、全くお構いなし。いい度胸してます。
 ・・・こいつらも一応、野鳥なんだから、人間に対してもう少し警戒心を持ったほうがいいんじゃないか?などと、余計な事を考えてしまいます。

◆カテゴリ:きょうの一枚・2006年

2006年02月05日

◆『ホテル・ルワンダ』

 なんか突然、観に行く事になりました。雑誌記事やWebで、この映画が今になって日本公開されるに到った経緯は知っていたし、それなりに興味あったからいいんだけど。
 実際、金と時間を割くだけの価値はあった訳ですが。


◆ホテル・ルワンダ(公式サイト)



ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション

監督/テリー・ジョージ

DVD2006/08/25

価格 4442円(税込み)




 「社会派映画」として宣伝されてますが、篭城サスペンスとして面白く観られました(・・・って表現もどうかと思うけどな、この映画の場合)。状況的には『ゾンビ』『要塞警察(これもリメイクしたんだって?!)』みたいな感じ。
 尤も、『ホテル・ルワンダ』のほうは実話を基にしていて、マッチョなヒーローが押し寄せる敵をなぎ倒してジ・エンド、とはいかないけど。
 
続きを読む

◆カテゴリ:本とか映画とか

2006年02月02日

◆手術後2ヶ月経過

 以下、手術から2ヶ月現在の体の状態。続きを読む

◆カテゴリ:入院記

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。