2007年05月29日

◆ネコハエトリ(♀)

 [大きい画像はこちら]

 一口に「ハエトリグモ」と言っても、種類によって棲んでる場所が違っていたりする。
 例えば
  • アダンソン→民家、ビル等建物

  • シラヒゲ→レンガやコンクリブロック

  • その他多くのハエトリ→庭や公園の植え込み

 一部ハエトリが、民家やコンクリ壁といった人工的な場所を棲家に選んだ理由と経緯を知りたいと思う今日この頃。元は外来種だったんだろうか?

 さて、画像のコはネコハエトリのおにゃのこじゃないかな、たぶん。腹部にあるはずの模様は見当たらないけど、体色の個体差が激しい種類だからねぇ。顔と毛の生え具合で判断。

 個人的にネコハエトリのメスは、全ハエトリ中ぶっちぎりでカワイイと思ってる。全体的に丸っこくてお腹はプックラしているし、フサフサの白い毛に加え、まばらに生えた長い毛や、人間と出くわしても怖気づくどころか、こちらを向いて目を合わせてくる仕草とか。お陰で、何度遭ってもついついカメラを向けたくなる・・・。


◆カテゴリ:きょうの一枚・2007年

2007年05月27日

◆渡辺文樹来たる!

 [大きい画像はこちら]

 きたキタ来たよぉ・・・俺らの街にも渡邊文樹が!

 ちょっとだけ(俺らの主観で)説明。渡辺文樹氏はインディーズの映画監督です。撮った映画もいろんな意味で凄いんですが、それ以上に御本人とその周辺に巻き起こる騒動が面白い、という御方です、ハイ。

 氏の監督作ですが、以前は普通に映画館で一定期間上映(俺らも以前、池袋文芸座の地下で『ザザンボ』観たなぁ)してたんですけど、現在は地方の公民館なんかを1日だけ借りて上映会を開くスタイルで全国を回ってます。だから彼の作品は、自分の行動圏内で上映会が開かれ、更にその情報を事前に察知していない限り観る事ができないのです。

 てなもんで今日、画像のポスターを発見した俺らは小躍りしましたよ。この怪しいポスターこそが、この街で氏の作品上映会が開かれる証。これは是非、観に行かねば・・・って、よく見りゃ全て平日の上映。社会人には無理っスよ。

 折角なので、以下にポスターより上映スケジュールを転載しておきます。興味と暇のある方はドウゾお出かけして、是非とも俺らに感想をお聞かせください(笑)
続きを読む

◆カテゴリ:本とか映画とか

2007年05月26日

◆株主優待品@日本色材工業研究所2007

 日本色材工業から届いた今回の優待品。日焼け止め乳液(画像左)と口紅(画像右。色はローズピンク)。

 日焼け止めは時節柄嬉しいです。有効活用させていただきます。
 口紅は新開発したツキと発色の良い材料を使い、これまた新しく導入した「全自動口紅重点成型機」を使用して作られてるんだそうです。
 こーゆー、自社の技術をアピールする品を株主に送ってくる姿勢は、株主優待のあり方として良いんじゃないですかね?世間には優待××(自主規制)を釣るのが目的と思えない、自社業務と全く関係の無い優待品を出す企業も結構ある訳ですし。

 あとはその新技術が、株価上昇に結びついてくれればいいなぁ・・・っと。


◆日本色材工業研究所HP
 ※過去の株主優待品

◆Yahoo!ファイナンス-4920.j

◆カテゴリ:投資

2007年05月24日

◆クロウリハムシ

 [大きい画像はこちら]

 漢字で書くと「黒瓜葉虫」。
 そこいらで普通に見かけるハムシの仲間です。黄色い頭に円らな黒い眼が可愛らしい。

 こいつら偏食が少ないようで、様々な種類の植物の葉をモリモリ食べます。その為、農家やガーデニングをやってる方には「敵」認定されているようです。
 尤も、一番の好物は名前の通りウリ科の植物です。うちの近所はカラスウリが沢山自生しているだけあって、この虫をそこらじゅうで見かけます。

◆カテゴリ:きょうの一枚・2007年

2007年05月12日

◆日本館とリピーターズパス

リピーターズパス※この画像は一部いぢってます。・・・さすがに実物には本名書いてますって。 またまた国立科学博物館へ行って参りました。
 今回の目的は、新装オープンした日本館の見学と、新たに売り出された"リピーターズパス"の入手。


◆国立科学博物館
 ※リピーターズパス開始のお知らせ


 まずはパス入手から。
 常設展チケット売り場脇の友の会カウンターで申込書を書き、1000円払って早速Get!
 これで今日から1年間は常設展見放題です、わーい♪レストランやミュージアムショップ、一部特別展の割引もあるでよ。

 因みにこのパス、サイズも紙質も、よくあるポイントカードみたいな感じ。財布に入れておくとヨレそうなので、後で丁度いいサイズのカードケースでも買おうかと思います。
 
続きを読む

◆カテゴリ:国立科学博物館

2007年05月10日

◆学生ほど旨いカモは居ない

◆「上場すればもうかる」…大学生の株トラブル増加 読売新聞 2007.5.15

 大学生っつーのは詐欺師にとって大変美味なカモだったりする。
 理由は以下のとおり。

  1. 一丁前の契約能力がある
  2. ※20歳以上
  3. まだまだ社会の知識、経験に乏しい

  4. 仲間同士の付き合いが密である

  5. 口コミによる情報が重要視される
 ハタチ前後のガキなんざ手前が自負してる程賢くないのよ。自分の当該年齢だった頃を思い返すと、やっぱり相応のバカだったし。いや、自分は今もバカだけど、当時は明らかにレベルの違うバカだった。今もし目の前に20歳の自分が現れたら、間違いなく説教するだろうね。

 これらがどういう意味を持つかというと「一度、契約書に印を押したら覆すのは困難(未成年であれば親の一存で契約そのものを取り消せる)」「世間をナメてるので騙し易い」「交友関係を利用してイモヅル式に勧誘できる」「情報操作し易い」という事ですわな。
 そんな世間知らずの能天気な連中ばかりが群れてる大学のキャンパスっつーのは、悪い大人から見れば釣堀みたいなもんだ。詐欺に宗教、その他諸々。皆、世間知らずを手ぐすねひいて勧誘しようと狙ってる。
続きを読む

◆カテゴリ:リスクについて考える

2007年05月03日

◆ヨコヅナサシガメ成虫(脱皮直後)

 [大きい画像はこちら]

 既に花も散り、現在は青々とした葉が茂るサクラの幹に、派手な虫が居ました。

 ヨコヅナサシガメ成虫ですが、傍らにある抜け殻からも判りますが、この固体は脱皮したばかりです。
 体の赤色は脱皮直後限定カラー。もうちょい時間が経つと赤い部分は黒色に変わってしまいます。鮮やかな赤だけに、ちょっと勿体無いような。

 この木には他にも、既に脱皮して時間の経った黒い成虫、これから脱皮する幼虫が20匹くらい群れていました。
 集団で居るのは越冬の為だそうです。冬も越えたし、脱皮して成虫になりましたから、この群れもそろそろ解散でしょう。

◆カテゴリ:きょうの一枚・2007年

2007年05月02日

◆ハラクロコモリグモ(♀)

 [大きい画像はこちら]

 夜道で逢いました。

 指でちょいと突いてもその場を動こうとしませんでした。
 あまりに動かないので、デジカメを間近まで近づけて正面ショットを。

 本当はもっと、どアップで撮りたかったんですけど、デジカメ買い換えないと無理そうです。

 撮影後は、通行人に踏まれないよう、半強制的に道の隅へ移動願いましたが、こんな場所で一体、何やってたんだろう?

◆カテゴリ:きょうの一枚・2007年

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。