2007年11月25日

◆食と農の博物館

ポリプテルスの正面顔。可愛い・・・  通勤電車内の広告で「古代魚」の文字に目が留まりました。現在、東京農大付属の博物館で展示しているらしいです。入場無料らしいし、行ってみようかと。

◆食と農の博物館


 天気は良いし、散歩がてら駅から歩くつもりだったけど、ルート確認の為に開いた地図を見て断念、素直にバスに乗りました。
 こんな入り組んだ道、土地勘無い人間が初めて行ったらぜってー迷うって!

 バス亭農大前で下車し、けやき並木を通って博物館へ行くと、入り口の脇ににいきなりチャボ小屋、反対側にはアイガモが。さすが農大関連施設。
 
続きを読む

2007年11月24日

◆『シャ・シャ・ザトゥーナ』

 そんなこんなで、東京シネフェスのフィリピン映画上映に行って参りました。
 案の定、会場を見回すと見覚えのある顔がちらほらと。久々に再会した知人に「こーゆー(変な)映画の上映なんで、絶対来てると思ってたんですよ!!」と言ったら怒られちゃいました(笑)

◆『シャ・シャ・ザトゥーナ』公式
あらすじ:
 不思議な隕石の力で、スーパーパワーを持った女戦士"シャ・シャ・ザトゥーナ"に変身できるようになった主人公・アダ(体は男、心は乙女)。
 彼女(?)の前に地球上の男を全て女に変えるべく、X星の支配者・フェミーナ女王とその下僕の女戦士たちが現れた。
 地球の(男の)命運を賭けた闘いが今、始まる・・・
 続きを読む

◆カテゴリ:本とか映画とか

2007年11月21日

◆久々に献血してきた

 3ヶ月振りに献血をしに行ったら、受付の目立つ場所に、こんなポスターが貼られていた。

◆病院が必要としているのは400mLの血液です


 要は「全血献血するなら400mlでヨロシク!」って話。
 「輸血を受ける患者さんのリスクを考えると400mlに劣る為、現在では200mlの需要は相対的に少ない」ってのは、献血に関心がある人(リピーターとか)にはよく知られている話。

 ・・・が、今まで日本赤十字はこの件に関しての告知を積極的に行ってなかった。その為、事情を知らない人が「初めて献血ルームへ→いきなり400ml抜かれるのは怖いので200mlを希望→何だかんだで断られたり400mlを要請される→無償で血液くれてやるってのに何だその態度は?!もう来ねーよ!!」みたいなトラブルが各地で起こっていた模様。ネットで検索すると、200ml断られてブチ切れ気味の御方による、掲示板やBlogへの書き込みが結構引っかかるんだな、これが。
 
続きを読む

◆カテゴリ:メディカルな話題

2007年11月18日

◆紅葉

 [大きい画像はこちら]

 天気が良いので散歩。

 ああ、いつの間にか紅葉していたんですね。今年は遅いって聞いていたけど。
 丁度今頃が見頃でしょうかね?1本の木なのに上が真っ赤で下が黄色、と、葉の色が違ってます。中間は綺麗なグラデーションになっていて見事です。

 傾きかけた日と影のコントラストの強さが秋の終わりを感じさせて、ちょっと寂しいです。
 最近、晴れた日の日中は汗ばむ位暖かいんだけど、朝晩は随分寒く感じるようになってきました。そろそろ冬物衣料を出さないといけないかな・・・。

◆カテゴリ:きょうの一枚・2007年

2007年11月17日

◆布団を丸洗いしてみた

大型洗濯機でぐるんぐるん 現住所へ引越してきた際、布団を買い換えようかと思ってたんですよ。

 前住んでた部屋は日当たりが悪く、布団が干せない上にカビ臭くてね〜、この布団に換える前は、夏になるとダニにも刺されまくってました。
 そんな部屋で使っていた布団を、折角の新居で使い続けるのも何だかなぁ。寝心地もさることながら、恐らくはカビとかダニとか、前の部屋から連れて来ちゃってるだろうし。

 しかし、買ってまだ1年半なんですよね、この布団。敷掛枕カバー類一揃えで1万円しなかった安物なんですが、流石に今買い替えたら"もったいないオバケ"が出ます。
 せめて丸洗いできればいーのに、と、Webでふとんクリーニング業者のサイトとか漁ってみたんですが、安い業者でも相場は掛敷2枚で7〜8千円前後。宅配便や代替の貸し布団代込みとはいえ、私の安物布団なら新品買い替えられる値段ですわな。

 そんな訳であと数年間は、このぺっちゃんこで冷え冷えになった布団で夜を過ごさなきゃならんのかと諦めていた折、大型コインランドリーの存在を知りました。
 大容量の洗濯機・乾燥機が備え付けられていて、布団や絨毯も丸洗い出来るっつーじゃありませんか。
 これはもう、行くしか!
 
続きを読む

◆カテゴリ:日常よしなしごと

2007年11月14日

◆このコは誰?

 [大きい画像はこちら]

 朝、アパートの玄関の脇にて発見した、揃えた前脚先から後脚先まで3cmくらいの細長〜いクモ。
 枯れ草でも貼っついてるのかと思いきや、形が左右対称過ぎるので近付いてよく見たら、こいつだった訳です。一瞬、ナナフシのようにも見えましたがクモでしたね。

 こんな細長いクモ、初めてみました。Webで検索してみたんですけど名前が判らない。アシナガグモの仲間なんじゃないかと思うんだけど、違うかなぁ・・・?

 来週あたり、図書館へ行って図鑑でも漁ってみます。正体判り次第、この記事も改題して書き足す予定。

◆カテゴリ:きょうの一枚・2007年

2007年11月04日

◆岡本太郎美術館

記念撮影コーナーの『太陽の塔』顔抜きパネル。イカス! よく晴れた日曜日、こんな日に外出しないって明らかに"損"だろ?!と思ったので、またまた川崎・生田緑地へ。
 今日の目的地は岡本太郎美術館。一昨日、プラネタリウムを観に来た際に見つけ、気になっていたんだな。

◆岡本太郎美術館


 林を抜け、階段を上りきると目の前には巨大な『母の塔』。でかい・・・凄いインパクト。高さ30mだって。

 初っ端から巨大な作品にクラクラしつつ、チケットを買って展示室に進むと、壁一面に代表作の1つ『森の掟』が。
 強烈な色彩と渦巻く構図を目にして、思わず目が釘付けに。追う獣も逃げる連中もパワフルだ。
 それにしても、弱肉強食の非情な光景が描かれているのに、何故か楽しげに見える不思議な作品。自然とはそういうものだからか?
 
続きを読む

◆カテゴリ:スポット/イベント

2007年11月02日

◆『メガスターU』観てきた

川崎市青少年科学館プラネタリウム外観  折角のリフレッシュ休暇10連休が全て、引越しの後始末で喰われてしまうのも癪なので、何とか時間を作って遊びに行きたいなぁ・・・。
 てな訳で、以前から気になっていた『メガスターU』の上映を観に行きました。引越し荷造り作業の際、以前組み立てた「大人の科学」の付録プラネタリウムを壊してしまった(あぁっ!)ので、どうせなら本物にお目にかかろうと思い立ったのです。

◆メガスターホームページ
 ※大平貴之氏が個人で作成した 、数百万の光点で構成された星空を映し出せる投影機


 現在、日本で『メガスターU』が常設されているのは、お台場の日本科学未来館と、川崎の生田緑地にある青少年科学館
 日本科学未来館は整理券争奪戦が激しいと聞いていたので、今回は気合を入れずとも観られる青少年科学館を選択。

◆川崎市青少年科学館
 
 続きを読む


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。