2009年05月31日

◆審査員8番

 アンテナ低くて恥ずかしいが、いつの間にかこんな改正が行われていた模様。

◆検察審査会が大変身…「起訴相当」2度目なら強制的に起訴
2009.5.31 読売新聞
 今回の改正で最大のポイントは、「起訴相当」の議決が2度出ると、強制的に容疑者は起訴されるという点だ。検察が公訴権を独占してきた状況に大きな風穴が開くことになる。

 1度目の「起訴相当」の議決に対し、検察官が改めて不起訴としたり、原則3か月以内に起訴しなかったりした場合、第2段階の審査に入る。法律的な助言を弁護士から受け、検察官の意見も聞いたうえで、「起訴相当」の議決をすると、裁判所から指定された弁護士が検察官に代わって容疑者を起訴。公判では検察官の立場で立証活動を行う。

 改正法の対象は、5月21日以降に「起訴相当」の議決が出た事件。明石の事故で神戸検察審査会は過去に2度「起訴相当」を議決しているが、今後新たに「起訴相当」が2度連続すると、改正法によって起訴が強制的に行われる。

 この改正が行われた事で、今までは見逃されていたものの、今後は正当な裁きを受ける件も出てくるだろう。
 しかし医療分野のトラブルに関してまで適用して大丈夫なんですかね。
 
続きを読む

◆カテゴリ:メディカルな話題

2009年05月29日

◆育みの雨

若草の上に雨は降る[大きい画像はこちら]

 通勤路の途中、草が生い茂る斜面。

 雨の雫が光を拡散して草むら全体が輝き、若草の緑も一層鮮やかに見える。
 今日の雨は植物を育む優しい雨だ。

 ふと、3年前に見た雨が非常に寂しく、冷たく感じられた事を思い出した。
 同じ"静かな春の雨"でも印象がこうも変わるとは。尤も、変わったのは雨ではなく、私の感じ方なのだろう。

 "寂しい雨"よりは"優しい雨"のほうが断然良い。今日は良い雨が見られて嬉しい。
 

◆カテゴリ:きょうの一枚・2009年

2009年05月26日

◆シャチホコガ成虫

シャチホコガ成虫[大きい画像はこちら]

 朝、最寄駅のホームで電車待ち中に蛾を見つけたので撮影。停まっていたのが高くてちょっと遠い場所だった為、靴を脱いでベンチに登り、一生懸命手を伸ばして撮りました(我ながら、大の大人が通勤途中にやって良い行為ではなかったな・・・)。

 シャチホコガさんでした。画像を拡大してよく見ると、かなり毛深くてビックリ。

 成虫が居たのだから、幼虫もこの近所で暮らしている筈です。
 私は、大変特徴的な姿&特技("シャチホコ"という名の元になった)を持つこの蛾の幼虫にかねてより遭遇してみたいと思っていました。これからは散歩などの際に周囲を注意しながら歩いてみます。


◆カテゴリ:きょうの一枚・2009年

2009年05月23日

◆カメムシの正しいつまみ方

カメムシの正しいつまみ方 今日、久々に行った国立科学博物館のディスカバリートーク『カメムシはなぜ臭い?』で聴いた話が面白かったので、メモ代わりにエントリしてみる。


カメムシの臭いは胸から出る
  • 幼虫は腹部背面、成虫は胸部腹側から臭いの元が分泌される。
    天敵を威嚇する為には背面から臭うのが最も効果的なのだが、成虫は背中からだと翅が邪魔してしまう為に胸から出るようになったらしい。

 
 続きを読む

◆カテゴリ:小さな隣人

2009年05月09日

◆タカラダニ(と俺らのデジカメの限界)

 うちのポストの上に今年初のタカラダニ発見。もうそんな時期か。

 タカラダニは毎年、この季節になると大発生して人の目に留まる身近な生き物だけど、詳細な生態はまだよく判っていないらしい。普段は何処に居るのか?とか、何を食べているの?とか。
 まぁ人間に害は無いようなので、俺らは専ら放置してる。かなり忙しなく動き回る生き物なので、観察してると結構面白かったりするし。

◆[豆知識] タカラダニをご存知ですか?
京都府保健環境研究所サイト


 とりあえず写真を撮ってみた。俺らが撮った中では最小の生物だ。
 辛うじてダニだと判別はつくけど、画像は小さいし細部は不鮮明。

 これが6年前に作られた300万画素・光学ズーム3倍コンデジの限界だ。今でも十分気に入っている機種なんだけど、やっぱ「撮りたいものを更にキレイに撮りたい」って欲求は出てくるね。最近はコンデジでも1000万画素超・光学5倍とか普通だし。

 ・・・そろそろ買換え時期かなぁ。 

◆カテゴリ:きょうの一枚・2009年

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。