2009年12月31日

◆王子・狐の行列2009-2010 #その1

#その2 #その3

周囲は提灯多数。お祭りムードが盛り上がる 今年の大晦日は、以前から気になっていたけど寒さに負けて敬遠していたお祭りを、頑張って観に行く決意をした。

◆王子・狐の行列(公式)

大晦日になると王子装束ゑの木のもとに狐が集まってきて装束を改め威儀を正して王子稲荷にお参りしたとの幻想を表します。

 和服にお面or化粧で浮世絵に描かれたような"お狐さん"に扮した人々が、行列になって王子稲荷まで練り歩くイベント。
 大晦日の晩に静まり返った街中を、提灯を掲げながら進む狐の行列・・・これをどうしても一度自分の目で見たかったのだ。

 夜の10時半、王子駅に到着。今日の昼間は暖かかったが、さすがに夜は冷えてきた。

 行列がスタートするのはまだ1時間半以上先なので、とりあえず屋台が出ているという「きつね村」へ行ってみる。
 

続きを読む

◆カテゴリ:スポット/イベント

2009年12月29日

◆不思議な野菜・ロマネスコ

ロマネスコ(部分)[大きい画像はこちら]

 スーパーで奇妙な野菜を見つけたので購入。

 カリフラワーの仲間で ロマネスコという名前だそうな。ちなみに1つ250円。
 レジ打ちのおばちゃんも「うわー面白い形ねー!」と驚いていた。

 確かに全体の印象はカリフラワーっぽいが、花蕾の部分が見事に幾何学的、 フラクタル構造をしている。
 大きさの変化をてっぺんから追っていたら、目が回りそうになった。
 自然の造形ってのは本当に凄いと思う。

 味と食感は茹でて食べたところ、カリフラワーと殆ど変わらなかった。普通に美味しい。

 それにしても、キャベツも菜の花もダイコンも小松菜も、このロマネスコの仲間に分類されてしまうなんて、8割方品種改良に精出した人間の所為とは言え、アブラナ科の植物はバラエティに富み過ぎだ。


※全体像はこんな感じ↓

続きを読む

◆カテゴリ:きょうの一枚・2009年

◆宇宙飛行士の野口聡一さんが宇宙からつぶやいているよ!

◆野口さんTwitterアカウント


Season’s greetings from ISS! We had a peaceful & quiet Christmas up here. Santa used JEM airlock to sneak into ISS & left presents for us!

日本の皆様へ、はるかISSからメリークリスマス!

クリスマスの朝サンタさんはJEMエアロックを通ってプレゼントを残していってくれましたよ!


 この瞬間に居合わせる事が出来てとっても嬉しい。

◆カテゴリ:電脳・電網

2009年12月28日

◆"けんけつちゃん"に会ったよ!

けんけつちゃん(3D)[大きい画像はこちら]

 今日の午前中は渋谷へ行っていたのだけれど、駅前で献血のマスコットキャラ「けんけつちゃん」と遭遇。思わず写真を撮らせてもらった。

 ポスターやグッズはよく見るけど、けんけつちゃん着ぐるみ御本人に会ったのは初めてだ。
 道行く人々に愛想を振りまきながら、献血をアピールしてた。かわええ(けんけつちゃんと一緒に献血の呼び込みやってた女の子達も可愛かったよ。顔にボカシ入れなきゃならんのが口惜しい)。

 俺ら今年は怪我したり体調崩したりで、数回しか(成分)献血に行けなかった。
 来年は定期的に献血できる位、健康で過ごせるといいな。



◆カテゴリ:きょうの一枚・2009年

2009年12月15日

◆ファビュラス・バーカー・ボーイズ深夜のゲリラ的トークライブ

 昨日の深夜、寝酒の熱燗片手にダラダラとWebを閲覧していた際の事。

 たまたま映画評論家・町山智浩氏のTwitterアカウントを覗くと、このようなtweetが!
Hey @darkforce 町山です。柳下とライブビデオで話してます (darkforce7 live > http://ustre.am/9tEA)

 早速リンク先に跳ぶと、ウェイン町山氏とガース柳下氏のトークがリアルタイムでビデオ中継されとりました。吃驚したよ!(※町山氏はアメリカから電話で声だけ参加)
 どうも、バーで飲んでる最中に、その場のノリで始めちゃったらしいです。
 こんな深夜に、何の予告も無く始まったイベントの情報がキャッチできるなんて、Webって凄いなぁ。
 
続きを読む

◆カテゴリ:電脳・電網

2009年12月13日

◆サイエンスカフェ「世界を変えたダーウィンの進化論が生まれるまで」@川崎図書館

 県立川崎図書館のサイエンスカフェ、駄目モトで申し込んでみたら珍しく当選したので行ってきたよ。

◆第18回 サイエンスカフェ「世界を変えたダーウィンの進化論が生まれるまで
〜『種の起源』発表まで20年!の軌跡〜」


◆神奈川県立の図書館(TOP)


 最初に、司会を務める竹村真由子氏(科学雑誌『LOUPE』エディター)の挨拶があり、ゲストスピーカーの渡辺政隆氏が紹介される。
 渡辺氏は科学書翻訳、サイエンスライターとしての仕事以外にサイエンスコミュニケーターとしての活動も行われており、今回みたいなサイエンスカフェへの参加も多いそうだ。
 今年はダーウィン生誕200年の「ダーウィン年」という事で、『種の起源)』を分かりやすい新訳で刊行された。

 渡辺氏は、パワポで自らの著作を映しながら自己紹介・・・と、突然、話とは無関係なカワイイ子猫の画像が割り込み、会場に笑いが起きる(※アクシデントではない。ご自身が飼われていた猫だそう。ちなみに飼い犬も紹介された)。
 
続きを読む

2009年12月11日

◆地元の銀行で僕と握手!

 「そーいや、マブヤーの新シリーズ放映始まってるんだ・・・」と思って検索してみたら、こんな情報が。

◆懸賞金付き 琉神マブヤー定期預金 琉球銀行TOP
★★ キャンペーン期間★★
平成21年11月4日(水)から12月30日(水)

1・抽選で合計1,270名様に懸賞金をプレゼント

2・100万円以上のお預入れで、琉神マブヤー人形をプレゼント

 すっげー! 特撮キャラ(しかもローカル)の名を冠した定期預金なんて初めて見たよ。
 ローカルヒーローのスポンサーに地銀が付いたからこそ実現した、地域密着型金融商品ですな。
続きを読む

◆カテゴリ:投資

2009年12月08日

◆薬局ワンダーゾーン

 ID論やニセ科学関連の記事で定評のある"忘却からの帰還"様が、またまた興味深い記事をUPされてたので、俺らも便乗してネタ披露。

◆ホメオパシーレメディは効くからではなく、売れるから売っているという英国大手チェーン店
 via:忘却からの帰還


 "ホメオパシー"って言葉を初めて見た人は、とりあえずWikipediaのホメオパシーの項でも読んでみるといいかも。

 ホメオパシーとはぶっちゃけ、体に悪そうな成分を水に溶かして砂糖玉に染み込ませ(レメディ)、それを食べる事で病気を治すという治療法。
 ちなみに、体に悪そうな成分が入っていても只の水レベルまで薄めてしまう為、食べても害は無いそうな。

(※2009.12.9追記:そうでもないらしい。【ホメオパシー治療によるヒ素中毒】via:NATROMの日記

 信じて実践されとる方々はホメオパシーを「代替療法」と称されてますが「ニセ医療」「ニセ科学」呼ばわりされるケースも多いです。
 俺らの認識は後者。プラセボと同等の効果しかなかった(=プラセボ)という研究結果(ググれば出てくるよ)も報告されてるしね。

 そんなホメオパシーレメディを、イギリスでは薬局で扱っているそうですが「効き目が無いのは知ってるけど、儲かるから売ってるんだよ」と、薬局の中の人がブチマケてしまったというのが、リンク先の記事。
 
続きを読む

◆カテゴリ:リスクについて考える

2009年12月03日

◆さよなら学研の『科学』『学習』

◆あの「学習」と「科学」も…今年度で休刊へ 2009.12.3 読売新聞

◆『学習』『科学』休刊のお知らせ 2009.12.3 学研ホールディングス
さて、当グループが発刊しております1946年(昭和21年)創刊の『学習』は“「できる」よろこびと深く学びとるチカラを”をコンセプトに、1957年(昭和32年)創刊の『科学』は“小さな発見・大きな感動・科学っておもしろい!”をコンセプトに、多くのお子様に長い間愛され親しまれてまいりました。

しかしながら、児童数の減少やニーズの多様化等の市場環境の変化による部数の減少のため、誠に勝手ながら『学習』は2009年度冬号(2010年1月1日発行)、『科学』は2009年度3月号(2010年3月1日発行)の発行をもちまして休刊させていただくことになりました。


 ・・・このニュース知って、マジで涙出そうになった ・゚・(つД`)・゚・。
 
続きを読む

◆カテゴリ:本とか映画とか

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。