2009年12月11日

◆地元の銀行で僕と握手!

 「そーいや、マブヤーの新シリーズ放映始まってるんだ・・・」と思って検索してみたら、こんな情報が。

◆懸賞金付き 琉神マブヤー定期預金 琉球銀行TOP
★★ キャンペーン期間★★
平成21年11月4日(水)から12月30日(水)

1・抽選で合計1,270名様に懸賞金をプレゼント

2・100万円以上のお預入れで、琉神マブヤー人形をプレゼント

 すっげー! 特撮キャラ(しかもローカル)の名を冠した定期預金なんて初めて見たよ。
 ローカルヒーローのスポンサーに地銀が付いたからこそ実現した、地域密着型金融商品ですな。
 ヒーローではなく、スポーツチームとタイアップした定期預金なら以前からあるんだけどね。

 有名どころでは阪神タイガース定期預金とか。俺らの地元・川崎でもフロンターレ定期預金なる商品が存在する。
 双方共、チームの最終順位によって利率がUPしたり、抽選で貰えるプレゼントが豪華になったりする特典付きだ(リンクした記事古いけど勘弁してね。今シーズンじゃないから)。

◆がんばれ阪神タイガース定期預金 『猛虎一本道』(※PDF) 尼崎信用金庫

◆川崎信用金庫「フロンターレVダッシュ定期預金」のお知らせ J'sGOAL


 変わったところでは、沖縄でキャンプをやった球団を全部カヴァーした(守備範囲広過ぎだよ!)、琉球銀行のプロ野球応援定期預金「Vキャンプ」
 マブヤー定期預金といい、琉銀は意欲的だな。
 
 良い機会なので、こういった特典・懸賞付きのタイアップ定期預金が本当に得か否かを少し考察してみよう。

 上記のような、チームの成績や抽選などの結果によって得られる利子部分が変動する定期預金の場合、特典が得られる代わりにベースの金利を下げてしまうと、富くじ売ったと見なされて法律違反になる恐れがあるので、それは出来ない(第二十三章 賭博及び富くじに関する罪 via:Ultima_ratio )。
 その為、最低でも普通の定期預金と同じ利率はキープされ、その上に特典が付く契約になるのでお得なのは確か。
 そのかわり期間限定商品である事が殆どなので、キャンペーン中しか買えないというのがデメリットといえばデメリット。あとはタイアップ対象のアンチは買う気がしない点とか(笑)

 但し、高金利が売りのネット専業銀行と比較すると金利は見劣りする。

 正直な話「お金を増やす」事だけが目的でネットバンキングに抵抗がなければ、チームの成績やクジ運に関係なく高金利が適用されるネット専業銀行の定期預金がお薦めだよ。
 期待できる利回りを不等式で表わすとこんな感じ↓

ネット専業銀行定期預金 > タイアップ定期預金 > ノーマル定期預金


 とは言うものの、タイアップ対象のファンが、キャラクターグッズ/ファンアイテムと割り切って持つのであれば問題はなさそう。
 確かに、利回りに関してはもっとお得な商品もあるけど、これを持つ事で地元のチーム(キャラ)が身近に感じられたり、応援にも力が入って生活がより楽しくなるのなら、それもまた悪くない選択じゃないかな。運が良ければ懸賞金が当たるかもしれないし。
 夢があっていいじゃない。精神的な満足感も重要なインセンティブだもの。
 
 今回、琉銀&マブヤーが地域金融機関とローカルヒーローとのタイアップに先鞭をつけたので、他の金融機関も追従してくれると面白いんだけどね。
 地銀もローカルヒーローも「地元を盛り上げたい」という共通の目的があるので、手を組むには良い相手だと思う。

 万が一『超神ネイガー定期預金』なるシロモノが発売され、キャラ柄通帳が貰えるなんて事になったら、損得勘定抜きで秋田まで口座開設に走りかねない自分が怖い(北都銀行かJA秋田の思惑次第で実現の可能性ありそう、というかマジでやってくれません?)。

◆カテゴリ:投資
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135433235
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック:


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。