2011年03月06日

◆風天狗リューマイン&機天草子織姫ヒメル@ジャスコ入間

 本日はリューマイン、織姫ヒメルのショーを観に、以前にも足を運んだ事のあるジャスコ入間へ。

 彼らの事は以前、亀有・ローカルヒーロー首都決戦の紹介コーナーでは観てましたが、ショー鑑賞は今回が初めて。


◆熱血!アトラクエン(TMCワイルド公式)


 MCのおねえさんに呼ばれて、リューマインとヒメルが登場し、自己紹介タイム。

 まずは風天狗リューマイン

 リューマインが抱いているのは、仲間の狸妖怪・ポン吉
 続いて織姫ヒメルの紹介中、ヒメルが持つ携帯電話に着信が。


[大きい画像はこちら]

 電話の主は、ヒメルの従者・サポートロイドBK。ショー会場から妖気が感知されたとの報告。

 BKから会場に待機するよう指示を受けたヒメルだったが、妖気の源を探す為、リューマインを伴いパトロールへ・・・。

 ヒメルは勝気でお転婆なキャラな様子・・・早速リューマインを振り回してるし(笑)



 ヒーローが去ったステージに、妖怪・シドロ&モドロが登場。
 妖怪とは云え、声も仕草も愛嬌のある2人組。

 2人には師匠から、故郷"ゴミゴミ界"を救う為に必要な「ショジイキ」なる存在の探索命令が下される。

 それにしても、巻物に描かれた「ショジイキ」の図は、どう見てもタヌ・・・。



 妖気探索中のリューマインと遭遇するシドロ。

 シドロは、リューマインに抱かれたポン吉と巻物の図を見比べ、彼こそが「ショジイキ」だと確信する。

 リューマインの隙を突き、ポン吉を攫う事にまんまと成功するシドロ。



[大きい画像はこちら]

 一方、モドロは織姫ヒメルの従者、サポートロイドBKと接触。

 自らを「正直(なほう)」と言うBKを「ショジイキ」と勘違いしたモドロが連れていこうとするが・・
 そこへ師匠から改めて、正しい「ショジイキ」が記された巻物が届く。

 探索対象を間違えていた事に気付いたモドロは、シドロを捜す為にあわてて去る。



 入れ替わりにポン吉を連れたシドロと、それを追うリューマインがBKの前に現れポン吉争奪戦勃発。



 更にヒメルが到着。

 ヒメルは式神「ネムニャン」を召喚。
 ステージは(耳を塞いでネムニャンの子守唄を聴かないようにしていた)ヒメル以外の登場キャラが全員、床に突っ伏して寝てしまうという異常事態に(笑)

 その隙に助け出されたポン吉だったが、シドロにより再度誘拐されてしまう。



 シドロとモドロ、合流。
 正しい巻物により「ショジイキ」=「掃除機」である事が発覚。

 ポン吉が探していた「ショジイキ」ではなかったと判ったものの、腹いせに、会場の人間を襲おうとするシドロとモドロ。ゴミゴミ界より召喚される怪人達。




 駆けつけたリューマイン達との間で始まる大乱闘。

 最後はリューマイン達が必殺技で決め!

 敗れたシドロとモドロは、自分達が醜い妖怪の姿となりゴミゴミ界がゴミだらけになってしまったそもそもの原因は、人間達が無分別にゴミを捨てた事にあると訴える。
 リューマイン達は会場の皆にゴミ出しルールを守る事の大切さを説き、納得したシドロ&モドロ達はゴミゴミ界へ帰る。

 


[大きい画像はこちら]

 メインの敵は怖さが無く親しみやすいキャラだったし、テーマも「ゴミの分別しっかりやろう!」とハッキリしていて、小さな子達にもわかり易いお話だったんじゃないかな。

 何よりもリューマイン、格好良いですな!
 彼はスラッとした体型で背筋が伸びていて、普通に立っているだけでも見栄えがする。
 キャラ的には意外に落ち着いた印象だった(ヒメルがお転婆だったので相対的なものかも)。

 彼等のショーは本拠地の群馬近辺で行われる事が多いらしいので、南関東在住者としてはかなり距離がある訳だけど、今回のように比較的近場まで出張してきてくれた際には、また観に行きたいと思います。



※補足画像(Twitter用にUPしたもの)

img.ly #1
img.ly #2
img.ly #3
img.ly #4
img.ly #5



◆カテゴリ:ヒーローとか怪人とか

この記事へのトラックバック:


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。