2012年01月03日

◆ダルライザー 4th. After Mission.(再演)@六本木ヒルズ

[大きい画像はこちら]

 新年早々、福島県白河市のご当地ヒーロー・ダルライザーが出演するイベントを観に行って参りました。




◆「ダルライザー」公式
photo665.jpg



 ショー内容は昨年末、東京国際フォーラムで上演されたものと同一です。

 と、いう訳で以下、掻い摘んで紹介を。

◆ダルライザーショー4th. After Mission._in Roppongi Hills (YouTube)
 ※本編公式動画

◆ダルライザーショー4th_in しらかわ美味しいまつり_前編(YouTube)
◆ダルライザーショー4th_in しらかわ美味しいまつり_後編(YouTube)
※前回のお話。公式動画。

◆2011年10月2日 サンルート白河 ダルライザーミニショー(YouTube)
 ※非ナンバリングのミニショーですが、"4th.AM" 中で触れられている重要な事件が描かれてます


 "4th"直後の出来事。

 ダイスNo.1=ダルライザーアスラが仲間に抱えられ運ばれてくる。

 彼は"4th"ラストでダルライザーの"スラッシュウイング"(※武器・ローヴァルトンファから繰り出される攻撃)を受け、体の自由を奪われている。



 アスラはカメラのフラッシュを利用し、スラッシュウイングによる洗脳状態から回復。

 元に戻ったアスラは不適に笑う。
 どうやら既に、別の作戦が動いているらしい。

 そして・・・



 事は起きた。

 自らの信条である"努力" "工夫"を否定する言葉を口にしてしまったダルライザー。
 それは自らの意思ではなく、ダイスの策略により強制的に吐かされたものだが。

 その言葉を耳にし、彼に対する信頼を急速に失ってゆく人々。
 噂は拡散し更に広がってゆく。

 これが作戦の全貌。
 ダルライザーのヒーローとしての評判を失墜させ、その後釜にアスラが座るつもりなのだ。



 ダルライザーに向けられる、人々の冷ややかな言葉や視線。

 今迄に築き上げてきた信頼は、僅かな言葉と誤解によって簡単に消えてしまうのか?
 苦境を乗り越えられず、ヒーローを辞めてしまうのか?

 しかし彼は、それでも自らの想いを伝え続けようと決意を更に堅くする。

 その様子をこっそり伺っていたNo.5は思わず飛び出し、彼を励ます。
 このような状況下でも、応援してくれる人は居る、と。



 「諦めの悪い奴め・・・!」

 アスラ&No.2登場。

 彼らの今回の作戦は、ダルライザーの心を折ることまでは出来なかった。



 そして、力による闘いになるが、ダイスは4人掛かりでもダルライザーに敵わず。



 しかし、アスラは高笑いしながら退却。

 格闘で勝てずとも、今やダルライザーの評判は堕ちてしまっている。



[大きい画像はこちら]
 
 自分の信念をどんなに訴えても、必ずしも理解して貰えるとは限らない。
 それでも諦めず訴え続ければ、いつか人々の心に伝わる日が来るかもしれない。

 「努力と工夫で、何度でも立ち上がれ!!」



 ショーの後は、グリーティング。

 場所柄、親子連れから外国の方々まで幅広い客層の関心を集めてました。






グリーティングの模様(2日間)



[大きい画像はこちら]

 今回の"4th. After Mission."、昨年8月に原点である"1st"新生後の(ナンバリング)新作という事で、どのような方向性になるのか大変気になってました。

 No.5のお陰で作風はかなり和らいでます(笑)が、今までの中で最も重いシナリオだと感じました。
 何せ、ダルライザーの存在意義に関わる事件が解決しないまま、ショーの幕は降りてしまうという最悪の状況。

 旧作も含め、ダイスはダルライザーに力では敵わない(但しバク登場時除く)ものの、アイデンティティーに揺さぶりを掛ける攻撃はかなり効果を上げている模様。
 ダルライザーが真に戦っている相手はダイスではなく、自分自身の心なのかもしれません。
 それはまた、シナリオを書いた"ダルライザーの中の人"ご自身の戦いでもあると。

 予め発表されていた今回のテーマは「震災/原発事故後の風評に立ち向かう」というもの。
 たとえ今は理解されなくても、人の想いに込められたパワーを信じ、諦めず何度でも立ち上がろう。そうすれば、いずれ・・・。

 "4th AM"・・・現在復興中の土地で、情報や風評の渦に巻き込まれ不安になっている人々を励ましつつ、この厳しい状況下で信念を貫き通そうという"ダルライザー"の決意、しかと受け取りました。


* * * * * * * *


 今夏には、白河でいよいよ"5th"が上演されるかもしれません。

 Twitter上でダルライザーさん御本人が時折漏らす構想によるとどうやら、新武装及び新生アスラ(否ダイスNo.1)お披露目の場になるとかならないとか。
 これは又、作風がガラッと変わりそうな予感。

 ・・・それにしても、「努力と工夫で何度でも立ち上がる」ダルライザーを相手にする為、ダイスも努力と工夫で何度でも立ち上がり、新作戦を繰り出してくるのが何とも面白い構図。
 行動のベクトルは違えど両者の根は全く同じ、表裏一体の存在であり、結局のとk(以下略)



※補足画像(Twitter用にUPしたもの)


img.ly #1
img.ly #2
img.ly #3
img.ly #4
img.ly #5

img.ly #6
img.ly #7
img.ly #8
img.ly #9
img.ly #10 

img.ly #11 
img.ly #12
img.ly #13 
img.ly #14 
img.ly #15

img.ly #16
img.ly #17

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/257231378
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック:


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。