2012年11月23日

◆ゲンキダーJ出動@浄瑠璃祭り

 八王子市のご当地ヒーロー・ゲンキダーJ、今回の出動先は市内中学校で行われる地域のお祭りです。

 今日のステージは、この地域の保育園、小中学校にお子さんが通うお父さん達が作るヒーローショー。
 ゲンキダーJは、そのゲストとして参加するとか。

◆ゲンキダーJのGENKI blog(公式)


 お父さん達が演じるヒーローは5色5人の「ナガイケジャー」&赤いコスに何故かチョンマゲ姿の「マツギルダー」。

 このヒーロー達が、お祭り会場に突如現れた怪人達を相手にするのですが、何しろ弱い(笑)
 登場してすぐ、全員ダウンさせられちゃった位ですから。

 それでも何とか「牛乳早飲み対決」に持ち込み、マスクが邪魔で上手く飲めない敵ボスを尻目に勝利します。



 最後はヒーローも怪人も仲良くなり、、東京国体のマスコットキャラ・ゆりーと君を交えての「ゆりーとダンス」で幕が下ります。



 ゲンキダーJは何をやっていたかというと、何とステージ脇でマイクを持ち、舞台に上がったヒーローの声優を担当・・・えええっ!?
 こんなゲスト出演の仕方は前代未聞です。

 そしてショー中盤、全員倒されたヒーロー達の下に駆け寄り先輩ヒーローとして「立ち上がれ!!」と喝を(さながら、プロレスのマイクパフォーマンス的な光景でした)。

 勿論「ゆりーとダンス」にも加わってました。



 地域のお父さん達が子供達の為に作り上げたヒーローショー、はっきり言ってグダグダでしたが面白かった!!

 ナガイケジャーのマスクは既製品のパーティーグッズで服は私服、マツギルダーのスーツはヒーローっぽいですが頭は何故かチョンマゲヅラ。しかも弱い。敵も同様。

 でも、観ていてとっても楽しいんです。

 「ヒーローショー」というより「ヒーローショー“ごっこ”」なんですが、何よりもお父さん達の「子供達と楽しく遊びたいっ!!」という思いが前面に出ていて、また、子供達もヒーローや怪人達の正体を知りつつ(笑)も、ステージ上のお父さん達をキチンとヒーローとして認識して声援を送り、舞台と客席が一体になって作り上げた遊びの時間。
 子供達に混ざり隅っこのほうでこっそり観ていた部外者の私にとっても、双方の信頼と絆を感じる大変居心地のよい空間でした。

 こういったショーを作り出せる地域の皆さんは、本当に素敵だと思いました。
 ・・・勿論、そういうヒーロー達の誕生をサポートする先輩ヒーロー・ゲンキダーJも。



 ※補足画像(Twitter用にUPしたもの)
img.ly #1
img.ly #2
img.ly #3



この記事へのトラックバック:


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。