2010年04月23日

◆BUGには神経質だけどCUDはスルーの現状

 既に1ヶ月近く前の記事だけど(Twitterにかまけてチェック怠っていた俺らの怠惰が原因)今更ながらネタにする。アンテナ低くてごめんなさい。 

◆モダンウォーズ2の色弱者署名 ソラノイロ の ブログ


 詳細は上記ページを読んで戴くとして簡単に説明を。

 『モダンウォーズ2』というネトゲにおいて、敵味方の名前表示という重要な部分に色弱者の方が認識しづらい色(赤・緑)が採用されている為、対処を求めた署名運動が行われている、という話。

 以前、当該記事の筆者、伊賀公一氏(CUDO・カラーユニバーサルデザイン機構)がゲストのサイエンスカフェに参加した時から、コンピュータゲームにおける色弱者への対応状況が気になってたのだけど、この記事を読む限り、海外でも徹底されているとは言い難いみたい。

 日本ではまだ、署名運動みたいな事は起こっていないけど、ゲームプレイ時に不便を感じているプレイヤーさんは居られる様子。
 
続きを読む

◆カテゴリ:仕事のはなし

2010年02月11日

◆この文を読む者は一切の希望を捨てよ

 当Blogの◆ドッター稼業という記事には、ほぼ毎日「ドッター 仕事」あたりのキーワード検索経由でアクセスがあります。

 しかしこれ書いたのは2004年・・・6年も前です。ここ1、2年でゲーム業界の状況は急変を遂げたので、上記記事は現状の参考には全くなりません。

 記事中の「ここ2、3年携帯ゲーム機のヒットや携帯電話の普及で低解像度ディスプレイ向け画像の需要がぼちぼちあり、何とかこれで食えてたりします。」などという当時の能天気なテキストが、現在のグラフィッカー志望者に妙な期待感を与え、望まぬリスクを取らせてしまうのは不本意なので、急遽、ゲーム業界の現状について書いてみました。

 ま、ゲーム業界といっても幅広いので、この記事は私が居る「コンシューマー向けソフト開発を請け負う、下請けの中小ソフトハウス及び、そこから仕事を貰っているフリーランスのグラフィッカー」の視点です。
 
続きを読む

◆カテゴリ:仕事のはなし

2009年08月24日

◆壁に耳あり、障子に目あり

 「今迄関わってた仕事がマスターUPしたぞ!」記念に、カテゴリ「仕事のはなし」久々のエントリ。
 
 それにしても、折角「仕事のはなし」なんてカテゴリ用意してあるのに、殆ど記事をUPしていなかったな。書きたくても書けない事が多いので。
 何せ、うちの業界は(会社沢山ある割に)恐ろしく狭い。初めて会う相手ですら話してみると、共通の知人の名が複数挙がるのは珍しくない。
 
続きを読む

◆カテゴリ:仕事のはなし

2004年08月21日

◆9.11とワタシ

 『911』で思い出した事を書いておきます。
 そう、あれは2001年のこと・・・

 フリーのドッターである俺らは当時、某業務用格ゲーのキャラドット打ちを請け負ってました。
続きを読む

◆カテゴリ:仕事のはなし

2004年06月08日

◆地獄巡り

 BLOGにちょっと修正加えとりました。「便利かつ更新が楽かも・・・」と思い、トラックバック(以下“TB”)を利用して大きい画像等、自サイト内関連記事をリンクしてたんですが、こっちが書き込む手間はあまり変わらなかったし、TB先まで見る閲覧者って殆ど居ないのね・・・。現状、TB利用するよりは本文中でリンクしたほうがユーザアビリティ高いらしいです。まー元々こういう使い方するもんじゃないし。

 話変わって昨日はふと思い立ち、私がかつて仕事で関わったゲームのタイトルをGoogle検索かけてみたりしてました。公式サイトや中古屋の在庫リスト、個人サイトの批評ページや2chのスレなんかは当たり前に引っ掛かってくるんですが、それ以外にも・・・

続きを読む

◆カテゴリ:仕事のはなし

2004年06月05日

◆ドッター稼業

 私の生業ですが、世間の分類では『自由業』てことになってます。フリーランスなもんで。
 もちっと絞り込むと『ゲーム2D(グラフィック)デザイナー』とか『2Dグラフィッカー』とか言われます(てか、“グラフィッカー”って何語よ?)。
 更に私の場合、ゲームの2Dグラフィックでもドット絵担当してたりするんで『ドット屋』とか『ドッター』なんて呼ばれたりします・・・“ドッター”てのも何語なんだか。

続きを読む

◆カテゴリ:仕事のはなし

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。